« 芋煮会 | トップページ | 有機EL搭載INFOBAR登場 »

2007年9月26日 (水)

高校理科の先生がきた

父子家庭四日目。

今朝も6時半に起きた。
朝食を準備する前に、まず洗濯機のスイッチを入れる。
何事も効率的に進めなければ、父子家庭は崩壊するのだ。

パンばっかりだと飽きるので、今朝はコーンフレークス。
決して手を抜いてる訳じゃないからネ。
手慣れて、だんだん準備時間も短くなってきたし。
このまま続けば、8分を切れるかもしれない。

老後は心配ない。

Photo

初日は不安そうな顔をしてた娘も、ずいぶん二人の生活に慣れたようだ。
それに、この父親には頼ってはいけないことを悟ってか、自分で何事もテキパキやる。
食べるのも速い。

えらいぞ、春香。

「いってきます」の前に、仏壇に手を合わせるのが日課だ。
うちは、代々、浄土真宗。
このあたりでは珍しい。
仏壇のある家も珍しい。

いつか、いいことがありますように。

娘を送り出した後で、洗濯物の一部を物干しにかけ、残りを乾燥機に。
娘のは縮まないように気をつけるのだ。
娘の服の方が高いし。

食器を洗ってから、不燃ゴミを出し、シャワーを浴びる。
神道的に言うと、禊(みそぎ)だな。


きょうは、朝から研究室に高校と中学の理科の先生合計11名が来た。
山形県教育センター主催の理科実験セミナーの日だ。ここ数年、引き受けてる。
1泊2日で、有機ELの実験を体験する、という山形ならではの企画だ。
若い先生、中年の先生、男性、女性、かしこそうな、そうでもないような、先生もいろいろだ。
いずれにしろ有機ELに興味を持たれた先生たちだ。
最初の30分の講演も、ずいぶん熱心に聞かれたし、実験中も真剣なまなざしだ。
低いレベルのアホバカ教師が増える中、こんな熱血先生に教わる生徒は幸せだな。

Photo_2

昨日同様、夕方、娘を学童に迎えに行き、その足でソロバン塾へ。
ヨークベニマルで買い物して、娘をピックアップして帰宅する。
送り迎えも慣れてきた。

昨夜、京都の能楽師の家に嫁いだ妹からメールがあった。頭の回転はそれほどでもないが、体力があって明るいのが取り柄の妹だ。

「ブログ見たよ。好きなもんばっかり作ってるなあ。」と鋭いツッコミを入れる。兄の好みをよく覚えてるもんだ。
三つ子の魂百まで、とはこのことか。(ちゃうやろ)

(写真)ニラレバ、男前豆腐、チーチク、スーパーで衝動買いしたお赤飯

Photo_3

食事中の会話。

娘:パパ、きょう学校でからだの本読んだの。
父:おお、珍しく勉強したな。
娘:食事はバランスが大切なんだって。
父:そうや、そやから毎日、パパも考えてご飯作ってんねんで。
娘:お肉だけでもいけないし、野菜だけでもダメなんだって。
父:そうや、そやからきょうも、肉も野菜もあるやろ。
娘:大きくなったら月経が来るからやせ過ぎはダメなんだって。
父:げっ・・・。

はやく、妻に帰って来て欲しい。
 
 
 
 
男も女も、ポチッ↓
   人気blogランキングへ

« 芋煮会 | トップページ | 有機EL搭載INFOBAR登場 »