« 高校へ行った | トップページ | 胃カメラ »

2007年9月13日 (木)

人間ドック

きょうから一泊二日の人間ドックだ。
毎年、夏休み終盤のこの時期に受けることにしている。

最初は軽く問診から。

看護婦さん「タバコは吸われますか?」
城戸   「止めました。」
看護婦さん「いつ止めました?」
城戸   「ハタチ」
看護婦さん「・・・(クス、クス、クス)」
城戸   「あっ、違いました。22〜3歳です。」

笑顔がかわいい。

きょうは、血液検査とか心電図、視力・聴力検査などなど。
楽勝。

いつも待ち時間の暇つぶしに本を持参することにしている。
今回は、デボラ・アダムズ著「幽霊を捕まえようとした科学者たち」。
真剣に心霊現象や超能力を証明しようとした人達のお話だ。
半分くらい読んだ。

宿泊は、米沢の奥座敷である小野川温泉の旅館。
昨年まで市内のホテルだったのが、今年から旅館も加わったのだ。
部屋で一人の夕食をとった。

ちょっと寂しい。

それに、旅館でたった一人で寝るのは久しぶりである。
数年前、神奈川の企業を訪問した時、古くて由緒正しそうな旅館に部屋を取ってくれた。
その時は、女将がわざわざ挨拶にきてくれて、幽霊のでる部屋の話を親切にもしてくれた。

その晩は電気をつけて寝た。

明日もドックなので、ぐっすり寝たいけど、もし、夜中に目が覚めた時に足もとに誰か座ってたらどうしよう、と思うと眠れそうにない。

読んだ本が悪かった。

寝る前にポチッ↓
   人気blogランキングへ

« 高校へ行った | トップページ | 胃カメラ »