2017年7月24日 (月)

教育とは

 
 

 
 
 
山形の教育関係者に配布されてるそうです。
そこに、投稿して欲しいとの依頼があって、思うまま筆を走らせました。
というか、
キーボードを叩きました。
 
 
 
 
 
 

山形教育 380号

 

山形から突然変異を生み出せ

 

 

14年前、ノーベル物理学賞を受賞された中村修二教授と共著で「突然変異を生み出せ」という本を出版しました。実は、私も中村教授もアメリカでの留学体験により、あたかも突然変異を起こしたかのように生まれ変わり、その後の人生が大きく変わりました。なぜ、日本の学校教育でそれができないのか、それを議論した内容です。

私自身、小、中、高校と勉強嫌いで成績は芳しくなく、大学でもバイトとサークル活動にあけくれていました。しかし、大学院をニューヨークで過ごし、その5年間で最先端研究のおもしろさ、すごさ、厳しさ、そしてアメリカンドリームを目の当たりにすることにより、とんがった研究者として目覚めました。

そして、山形に来て29年。特に最近では日本の科学技術レベルが下がっていることが指摘され、そのうえ少子化が進行しており、この国の将来を心配しています。科学技術立国として栄え続ける唯一の解決法は、イノベーターと呼ばれる革新的な技術を生み出す人たちを増やすことだと思います。これまで、100人にひとりイノベーターが生まれていたとすると、その数を3人、4人と増やすことができれば、これまで以上に新産業の創出につながります。

では、それができていないこの国の学校教育において何が問題なのでしょうか。

戦後であれば、貧しくて、そこから抜け出すのに必死に努力しました。それが、今の子供達はというと、世界で最も平和な国で、ネットで見たいものを見て、買いたいものを買って、何不自由ない生活です。高校受験、大学受験も塾や予備校、通信教育など手取り足取りです。学校でも進路指導の先生が、生徒の偏差値によって進学先をアドバイスしてくれます。ですから、ハングリーな若者、大志を抱く少年少女が極めて少なくなってきているのです。一方、親や先生に叱られたことのない子供達も増え、精神面でひ弱になっています。大学でも引きこもる学生の割合が増えています。

どうすればこのような環境で、世界をリードできるイノベーター、グローバルリーダーを生み出すことができるのでしょうか?

それは、刺激を与え続けることだと思っています。

まず、家庭では親が子供と対話すること。学校やテレビでは聞けない話、実社会で起こっていること、仕事のこと、地域のこと、政治のこと、とにかく常に対話して、子供に考えさせ、脳を活性化すること。そうすることによって、子供達は好奇心を抱き、本を読んだり、実験したり、探検したり、新しいことにチャレンジするようになるでしょう。

私事ですが、うちには大学生の娘がひとりいます。米沢という人口が9万にも満たない街で、いかに育てるのか、実験してきました。ゲームは禁止、読み書きソロバンのうち、ソロバン塾には小学校2年生から通わせ、中学では二段になりました。集中力が養われたのはソロバンのおかげと考えています。小学校低学年の頃から、本屋で好きな本を買い与えました。最初はオバケの本ばかりでしたが、高校の頃には私の買ってきた小説を読むようになりました。これは読書の習慣をつけるのが狙いです。言葉と一緒で、本を読みまくることにより、良い文章が書けるようになります。また、英検も高校一年で準一級です。文武両道と言いますが、中学から剣道を始め、高校では三段になりました。そして、大学受験の時には進学塾にも通わず、通信教育も受けず、単に高校から出された課題をこなすだけで、現役で京都大学工学部に合格しました。

私は彼女を見ていて、「常に刺激を与え続ける」という教育方法が正しいものであると確信しました。

幸い、私自身の職業が大学教授であることから、研究の話、科学技術の話、大学の先生という職業について、もちろん普段はバカ話がほとんどですが、折に触れ娘には話していたと思います。それが彼女の好奇心に火をつけたので、理系に進学したのでしょう。

では、学校の先生ができることはなんでしょうか?

私は研究室で学生を預かる身として、心がけていることがあります。

それは、学生に知らない世界を見せてあげるということです。

最先端科学というもの、世界というもの、実社会というものを学生たちは知りません。特に、教科書で学んだ理科や科学とは全く異なるのが最先端の研究です。その研究を通して、科学のおもしろさ、素晴らしさを体験することで、目覚めます。特に、外国での国際会議で発表したり、短期、長期で外国の研究機関に滞在することで、彼ら彼女らは大いなる刺激を受けることになります。

また、すでに十数年になりますが、大学で中学生や高校生向けの実験教室を開催しています。そこで刺激を受けたモチベーションの高い学生が研究室に集まるようになりました。鉄は熱いうちに打てと言いますが、このような地道なアウトリーチ活動が極めて有効であると実感しています。

山形から数多くの突然変異を生み出し、日本をふたたび日の出ずる国、科学技術立国にしたいと思います。

 

 

略歴

城戸淳二(きどじゅんじ)

山形大学大学院 卓越研究教授

 

1959年大阪府東大阪市生まれ。1984年早稲田大学理工学部応用化学科卒業、1989年ニューヨークポリテクニック大学大学院にてPh.D.修了、1989年より山形大学、現在に至る。

 

受賞歴

平成2511月  紫綬褒章

 

主な著書

「突然変異を生み出せ」中村修二・城戸淳二共著 2003年 日本実業出版社 

「日本のエジソン城戸淳二の発想〜成功は成功を呼ぶ〜」2004KKベストセラーズ

「学者になるか、起業家になるか」坂本桂一・城戸淳二共著 2011年 PHP新書

「大学教授が考えた1年で90を切れるゴルフ上達法!」2012年 角川SSC新書

 

 

 

 

ご支援のクリックを↓

          


2017年7月12日 (水)

清真高校サイエンスキャンプ

 
 
 
昨日から茨城県の清真学園高校のサイエンスキャンプを実施しました。
これは、スーパ−サイエンスハイスクールに指定されている清真高校向けに実施している有機ELの実験を体験するイベントです。
 
 
実は、今回ですでに8回目ということで、一回目に参加した生徒さんは、大学を卒業して社会人になってるくらい歴史があります。
 
ということは、  
引率のオオロク先生も最初にお目にかかったときは8歳若かったということになります。
 
 
今も、お若いけど、、、
 
 
 

 
 
 
まず、私の講義から始まり、
有機EL材料の合成、
デバイスの作製、評価などを行います。
 
 
 
 
 
 
最近では、スマート未来ハウスも見学したりして、
有機エレクトロニクスが生み出す未来の生活も体験します。
    
  
  

    
 
 
もちろん、お昼は大学生協で。
 
 
   

  
 
 
最後に集合写真と、
サイン会で、
しめくくり。
 
  
  
 
 
 
なんか、千葉助教のサインの方が大きいのが、
気になるものの、
 
 
みんな、
楽しんでくれたみたいでよかったです。
 
 
 
日本を支える科学者に育ってくれることを心から願ってます。
 
 
 
 
 

 

ご支援のクリックを↓

          

 

 


2017年7月 6日 (木)

すきやき

 

 

 

 

 

ご無沙汰しております。

ちょっと、油断したスキに一ヶ月以上も経ってしまいました。

別に、逃避行していたわけではありません。

 

きょうから再開です。

すまん、すまん。

 

 

で、

すき焼き。 

 

 

実は、

私はすき焼きが大好きです。

誰が名前をつけたか知りませんが、なんと言ってもすき焼きです。  

 

 

その王道、というか、

老舗中の老舗、というか、

本物、というか、

とにかく、前々から行きたかったお店に行ってきました。

 

 

京都にある明治時代から続く三嶋亭です。 

 

 

 

 

 

特注の8角形の鍋を使います。

 

 

 

 

仲居さんが、関西風に目の前で、調理してくれます。

これが食欲をそそります。 

 

 

 

 

食事というのは、

味覚だけじゃなく、

じゅうじゅうという音、

肉が焦げる香り、

それを見て味を期待する、

 

五感を使って楽しむものです。

 

 

 

 

それが、すき焼きの醍醐味です。

 

 

 

京都らしく、

京野菜もいただいて、

 

 

いやあ、

満足満足。 

 

 

米沢に住んでいると、

米沢牛のすき焼きをいただくことが多いですけど、

 

 

正直言って、

米沢の牛肉料理やさんのすき焼きは、

 

 

牛鍋です。

 

 

焼く工程がありません。

 

 

だから、五感を刺激されることなく、

お肉をいただくことになります。

 

 

しかも、

仲居さんがいません。

 

 

客が肉を鍋に投入して、

自分で調理して食べることになります。

 

 

なんだか、

自宅で食べるのとなんら変わりがありません。

 

 

そんなことで、

いつの日にか、ベンチャーで儲かったら、

米沢に三嶋亭のような、

 

 

本物のすき焼き屋をオープンしたいと思ってます。

そして、

 

 

その店を目指して観光客が来るような、

コアなすき焼き好きがうなるような、

そんなすき焼き屋にしたいと思っています。

 

 

ご期待ください。

 

 

 

ご支援のクリックを↓

          

 

 

 

 


2017年5月23日 (火)

ESTA

 
 
 

 
 
 
いま、ロサンゼルスです。
ご無沙汰しております。
 
 
きのう、22時55分発で羽田から出発しました。
羽田は東京駅から近いし、夜も遅くまで発着できるので便利です。
個人的には、成田空港はなくてもいいと思ってます。
格安航空便の発着だけでもいいかもしれません。
 
 
で、
実は昨夜は結構大変でした。
 
 
というのも、
ESTAってやつです。
 
 
これは、アメリカ入国に際して事前に登録しておくもので、
ずいぶん前から実施されてます。
一度登録すると、2年間使えます。
 
 
まあ、私のように年に何度も行くと、いつESTA登録したかなんて忘れてしまうのもので、
実際に、これまで2度ほどESTA期限切れで、チケットカウンターでボーディングパスを発券できませんと言われて、その場でパソコン取り出して登録したことがありました。
 
 
で、
今回も。
 
 
はいはいと、ベンチのあるところでパソコン取り出して、登録しようとしたら、
なんだか、
ESTAが複雑になってます。
入力事項が増えてます。
両親の氏名を入力したりと、
時間がかかりました。
 
 
で、
クレジットカードで14ドル支払って、
はいできた、
と思ってクリックすると、
 
 
支払いは終了しました、
けど、審査するので最長72時間かかります。
 
 
なんて、表示が。
 
 
一瞬、目が点になりました。
近くにいた学生に聞きました。
 
 
これって、
何時間かかった?
 
一人が、
9時間。
 
もう一人が、
72時間。
 
 
おいおい、
あと、2時間で出発だから、
遅くとも1時間後には、許可が降りないと大変なことになります。
というのも、予定では到着の翌日に国際会議で2件の講演があるからです。
 
 
翌日の便に変更ということは、
その2件の講演をドタキャンすることになるからです。 
 
 
辻村さんの顔が浮かびました。
ESTA登録ができなくて、講演ドタキャンは前代未聞です。
 
 
とりあえず、学生たちと引率の軍曹を先に行かせました。
 
 
そして、約10分後、
祈るようにサイトをチェックすると、
 
 
入国許可の表示が目に入りました。
 
 
いやあ、
あせったあせった。
 
 
ということで、
無事に搭乗すると
それはスターウォーズの飛行機で、  
 
スチュワーデスさんたちも優しくて、  
機内食も、
いろいろ選べて、 
 
 
 
鶴橋風月のお好み焼きとか、   
 
 
 


 
 
一風堂のラーメンとか、
 
 
 

 
 
 
好きなものをいただいて、
横になりました。
 
 
 
 
 
 
最後に搭乗記念のカードを頂いて、
 
めでたし、めでたし。
 
 
 
良い子の皆さんは、
ESTA登録、早めにしましょうね。
 
 
 

ご支援のクリックを↓

          
 
 


2017年5月11日 (木)

阿賀野ラボ

 
 
 
今日の新聞、
というか、
昨日の記者会見。
 
 
 
 
 
 
私が社長を務める(株)ベジアの阿賀野ラボ開設のニュースでした。
 
 
 
山形新聞から:
 
 

米沢の新センターで本格生産 山形大発ベンチャー企業「ベジア」

20170511

 

常温乾燥技術による野菜や果物の加工、販売を手掛ける山形大発ベンチャー企業「ベジア」(米沢市)社長の城戸淳二教授は10日、山大が来春に同市内へ開設する有機材料システム事業化開発センター(仮称)で、地元の農産物の粉末やジェラートの製造を本格的に開始する計画を明らかにした。
 

山大工学部の定例記者懇談会で説明した。同センターは米沢オフィス・アルカディア内に整備予定。ベジアはこの中に米沢工場として300平方メートルのスペースを確保。市内の企業と共同開発した中型乾燥機を10台前後設置する。1日に約1トンの野菜や果物の乾燥加工が可能で、主に商品となる粉末の生産能力は約100キロ。これらを使ったジェラートも製造する。年間売上高5千万円を目指す計画。
 

農産物は規格外のものを中心に地元から調達し、商品は食品メーカーや商社への販売を想定。既に大手メーカーなどと取引や提携の協議を進めているという。城戸教授は「来春に米沢でスタートダッシュをかける。地域の農産物に付加価値を付け、雇用を創出したい。目指すのは地域そのもののブランド化」と強調した。
 

ベジアは有機EL研究の城戸教授らが昨年9月に設立した。常温乾燥は流体力学を応用。食材の味や風味を維持したまま加工できる技術を生かし、廃校などを活用して全国に工場を設ける構想もある。各地の自治体との連携を模索しており、既に新潟県阿賀野市と共同で市内の旧校舎に小型の乾燥機を導入。地元産イチゴなどを使った商品開発を近く始める。城戸教授は「鶴岡市など県内の一部の自治体とも話し合いを進めている。積極的に情報交換をしたい」としている。

 
 
 
ということで、
山形新聞ですから、質疑応答の際の米沢ファクトリーの話が中心ですが、発表は阿賀野ラボ。
 
 
これは、
ベジアとしては、
 
 
まず、
 
地域と連携して、
 
地域を探索する。
 
そして、
 
地域と共に発展する。
 
を目標にしており、
地方自治体の支援のもと、
小規模なラボを開設して
地域の農家さんなどと商品の開発を行います。
 
 
そして、
その地域の素材ポテンシャルが高いと判断すれば、
その規模にあった工場を自前で建設し、
食品加工、販売を行います。
 
 
今回の阿賀野ラボも、
阿賀野市が国から補助金を獲得され、
廃校(旧大和小学校)の音楽室を改装し、
乾燥設備を導入されました。
 
そして、
(株)ベジアが事業を委託され、
地域の農家さんと今後事業を推進していきます。
事業に必要な人件費も支援いただきます。   
 
 
 
実は、この方法で、
沖縄から北海道まで国内に少なくとも20〜30のラボを開設し、  
最終的に大規模工場を各地に建設していきます。
 
 
 
阿賀野市、鶴岡市、以外にも、
米沢市の隣の高畠町など、
 
企業誘致の担当者だけではなく、すでに首長さんたちと面談を済ませた地域もあり、今後、支援がいただけるようであれば、ラボの開設が相次ぐ予定です。
 
特に高畠町では西洋梨やブドウなど最高級の果実や農作物が採れ、そのポテンチャルは極めて高いと考えてます。
 
 
 
とにかく、 
私たちは、やる気のある地方自治体と、やる気のある農業従事者の方々とビジネスを展開したいと考えてます。
 
ですから、
単に、廃校があるからタダで貸しますよ、
とか、
空き工場があるから使ってください、
では、
ラボの開設は行いません。
 
 
あくまでも、
地方自治体がラボ設備を整備していただき、
そこで必要な人件費等を支援いただくことが大前提です。
 
 
そういう意味では、
新潟県阿賀野市の動きは、とても早く、
 
 
やる気のある自治体
 
 
です。
 
このような活動をとおして感じるのは、
自治体にも温度差があって、
職員が公務員的な町は、
 
 
 
廃れます。
 
 
 
最後に、
現在、ベンチャーキャピタルからの資金調達を行っており、
調達後、夏から秋には、従業員(正社員、契約社員)を募集します。
 
遅くとも5年後には上場したいと考えてますので、
とても夢のある会社です。
やる気のある方、
ぜひ、
 
 
 
応募ください。
 
 
 
私たちと、
 
食を変えましょう、
地方を元気にしましょう。
 
 
 
 

ご支援のクリックを↓

          
 
 


2017年5月 9日 (火)

山崎パン

 
 
 

 
 
 
ずいぶん前から、
考えてました。
 
 
子供の頃から見る山崎パンのこの男の子、
今はどんなオジさんになってるんだろう。
 
 
いつか、探偵ナイトスクープに投稿して、
実物を見たい、
と。
 
 
で、
最近、
JKタクシーで娘を高校まで送る時、
途中、セブンイレブンでお昼を買うというので、
車の中で待っていると、
このトラック。
 
 
で、
何気なく見ていると、
 
 
えっ!
 
 
ひょっとして、
この子って、
 
 
女の子?
 
 
   
 
 
 
そうなんです。
髪型をよく見ると、
後ろでくくってます。
 
 
いやあ、
いままで男の子って思ってましたけど、
女の子だったんですか。
 
 
どんなオバさんになってるんでしょうか、
やっぱり、
 
 
見てみたい。
 
 
 
 

ご支援のクリックを↓

          
 
 
 


2017年5月 7日 (日)

成長

 
 
 

   
 
 
今朝、
JKタクシー出動です。
米沢駅まで娘を送って行きました。
 
 
 
4日間という短い時間でしたけど、
娘が帰ってきて、
かつての賑やかな頃に戻って、
家の中も暖かくなりました。
 
 
 

 
   
 
大学に進学して、
一人暮らしを始めて
まだ一ヶ月ですが、
 
 
 
なんだか、
少しだけ大人になって、
たくましくなったような
 
 
 
娘。
 
 
 
 
 
 
次に会うときは、
どれくらい成長してるんだろうなあ、
と、
楽しみでもあり、
心配でもあります。
 
 
 
駅のホームで見送りましたが、
前回ほど、
悲しくはなりませんでした。
 
 
 
父親としても、
少し成長したようです。
 
 
 
 

ご支援のクリックを↓

          
 
 
 


2017年5月 6日 (土)

ジェラート王

 
 
 

 
 
 
昨日のこと。
米沢市内の濱田牧場に乳牛を見学に行きました。
米沢というと、米沢牛、肉牛なので、
米沢に乳牛がいるとは思ってもいませんでした。
 
  
 
 
 
 
しかも、
そのミルクの品質がとても高くて、
オーナーの濱田さん曰く、
 
体細胞数が非常に少なくて、
品質は最高とのこと。  
    
    
 

   
 
 
実際、
味見させていただいたんですけど、
 
 
 
うまい
 
 
 
です。
 
 
 
残念なことに、
ここのミルクはそこらのスーパーでは売ってなくて、
定期購買です。
 
        
    

 
 
 
お昼は、
イタリアン喜右エ門へ。
 
 
  
 
 
 
ここのオーナーシェフの我妻さんは、
とても勉強熱心で、
地元の食材を使い、
最高の旬の料理を提供される。
 
 
 
とにかく、
 
 
うまい
 
 
 
です。
 
 
 
しかも、
常温乾燥食材を使いこなす達人で、
以前いただいた秘伝豆のパスタは絶品でした。
 
 
 
さらに、
秘伝豆のジェラートに至っては、
ハーゲンダッツが裸足で逃げ出すほどの、
イタリア人もビックリの出来栄えで、
 
 
 
米沢の秘伝豆、
 
米沢のミルク、
 
イタリアン喜右エ門のレシピ、
 
 
 
が揃えば、
世界一のジェラートができて、
世界制覇ができると確信した。
 
 
 
いやあ、
ジェラート王と呼ばれる日も近い。
 
 
 
 
 

ご支援のクリックを↓

          
 
 
 


2017年5月 5日 (金)

JKタクシーふたたび

   
 
 
 
 
 
連休ということで、娘が帰省しています。
 
 
 
ということで、
家内は喜びつつも、娘は友達と遊ぶのに忙しくて家にもおらず、家内は悲しんでます。  
 
 
そんなことで、
昨日はふたたびJKタクシー出動でした。
 
 
 
まず、
午前中は、剣道部の後輩に喝を入れに行くとのことで、高校まで。
夕刻は、財布を忘れたとラインがあって、財布をもってカラオケまで。
 
 
 
そんなわけで、
連休というものの、
娘に振り回されっぱなしで、ゴルフにも行けないので、
とりあえず、
いきつけの田沢ゴルフで打ちっぱなし250球。
 
 
 
今年の秋にはシングルハンデに絶対なるぞと心に決めているので、
今シーズンは、これを機会に練習に励みます。   
 
 
 
夜は、
娘のリクエストでいろりの焼肉。
 
 
 
 
 
 
誰に似たのか、
 
 
 
肉食系。
 
 
 
一人暮らしを始めて、質素な食生活を体験し、
ようやく今まで贅沢だったかを理解したようで、
 
娘曰く、
 
 
 
何でも食べるようになった、
 
 
 
とのこと。
 
 
 
親の心子知らずを地でいくうちの娘、
とりあえずは、
元気いっぱいで、
大学生活が面白すぎるとのことで、
 
まあ、
一般教養の講義は寝てる、
とのことですが、
 
 
安心であり、心配でもありというところでしょうか。
 
 
 
 
 
 
きょうはチャリンコでウキウキと出かけました。
 
 
 

ご支援のクリックを↓

          
 
 
 


2017年5月 3日 (水)

ブログ、FBの影響力

 
 
 
2007年の8月に始めたこのバカブログも早10年。
アクセス数も軽く1000万を超え、
読者も老若男女、中学生から年配の方々まで、
全国で読者数は2万人ほどでしょうか。
 
 
 
最近ではフェイスブック(FB)です。
FBでは、ブログよりも頻繁に中身のないつぶやきや写真を掲載してますが、
ブログとFBをつなぐことによって、
ブログに対して、FBでコメントを書いていただけるようにもなって、
ますます、
読者も増えました。
 
 
 
そんなバカブログとFB、
結構影響力が大きいです。
 
 
 
たとえば、
ここでのつぶやきが、
有機EL関連企業の株価に影響をお与えるかもしれませんし、
食べ物に関して、うまいうまいと、連呼するとそのお店が大繁盛したり、
 
 
 
まあ、罪作りなブログでもあります。
 
 
 
こないだも、
カレーライスの写真をFBに掲載しました。
 
 
 
米沢にある、
とある喫茶店C。
 
 
 
コリンズですけどね。
ここには、週に一回は出没し、
お昼なんかをいただきながら、
マスターとゴルフ談義を交わします。
 
 
 
ここのマスターのH氏。
 
 
 
細川さんですけどね。
 
それが、
結構ゴルフが上手で、
クラチャンになったり、
300ヤードのパー4でホールインワン、アルバトロスを出したり、
 
 
 
まあ、
セミプロの私から見ても、
そこそこうまいんです。 
 
 
 
で、  
こないだの写真がこれ。    
 
 
 
 
 
 
すると、コメントがありました。
 
 
 
「サニーサイドアップを観察するに、ガスコンロの水平が少しずれているか、それとも・・・君(キミ)が偏ってますな、なんちゃって。」
 
 
 
なんてことない、大阪人っぽい、なんちゃってコメントですが、
次に行ったら、
 
 
 
このとおり。  
 
 
 
 
 
 
おメメが、真ん中。
 
 
 
いやあ、
恐るべしFB。
米沢という田舎の喫茶店の目玉焼きの目玉の位置にまで影響を与えてます。
 
 
 
きっと、
細川さんは、
これ以来、目玉焼き作りに際して、尋常ではない神経を使い、  
体力を消耗し、
本業のゴルフでは、パッティングがますます入らなくなり、
スコアに大きな影響を与えてしまってるんじゃないかと推察します。
 
 
 
いやあ、
ほんとに罪作りなブログ、 FBです。
 
 
ということで、
クラチャンを目指しておられる米沢、山形のゴルファーの皆様、
今年はチャンスですから。
 
 
 
 

ご支援のクリックを↓

          
 
 
 


«有機ELと米沢牛