2020年1月17日 (金)

人と人と人と人

  

B2c1a6181bee438885ee415bc6515207

 

ということで、

今日も仙台。

 

ホテルの朝食バイキングでは、

卵焼きシェフがいたので、

プレーンオムレツを頼むと、

テーブルまで持って来てくれた。

   

まあ、

味は悪くない。

見た目も、

悪くない。

 

けど、

いつものやつには勝てないんだなあ。 

   

新聞を見ると、

今日の贈呈式の記事が、

  

Img_7178   

   

部屋で朝ドラを見てから、

講演のパワポ(実際にはKEY NOTE)の準備をして、

歩いて8分くらいの第69回河北文化賞贈呈式会場へ。

   

いつも講演会では、

こんな風に直前に準備することが多いんです。 

    

6de07316d4fd4a149af8c160fa620a64

    

まずは、受賞者の方々、関係者の方々と午餐会。

白ワインと、赤ワインと

少しづついただいたら、

ちょっと気持ちよくなって、

   

その後、

贈呈式の会場へ。

   

300名くらいの東北を代表する錚々たる顔ぶれの参加者が揃われて、

雰囲気が

    

かたい。

  

まあ、

歴史ある賞の贈呈式ですからね。

     

いつものように、

笑いあり、涙あり(?)の漫談風講演会にしてもいいのか、

ちょっと考えたけど、

すでにパワポはお笑いモードなんで、

ちょっと様子を見ながら、

話させていただこうと、

気持ちをセットしました。

   

6b5a9fbb4d644c0088bcae101ed1206b

  

で、

贈呈式が終わり、

出番。

   

演題が、

「研究は人と人と人と人」

   

学生時代からお世話になった人たちの話からスタートし、

これまでの人との関わり合いと

人からの支援と、

研究者としての転機を、

  

それから、

地域の活性化、

人づくり、

などなど、

気持ちよく1時間ほど話をさせていただきました。

  

聴衆が真剣に来てくれると、

話し手は

気持ちいいいですね。  

ご静聴ありがとうございました。

  

今度はぜひ受賞者として参加させて頂ければありがたいです。

 

   

こちらのクリックを忘れずに↓

          
 

 

2020年1月16日 (木)

杜の都

 

きょうは仙台です。

久しぶりです。  

 

Dbfd4eda17f94532ab0bdeb5f8d226ca

 

東北大の片平キャンパスには多元物質科学研究所があって、高分子とか有機材料とか、実は知り合いが多いのですが、

今回は、金属材料研究所にお邪魔しました。

 

何を隠そう、

今までご縁のなかった金属ですが、

とあるプロジェクトで共同研究が始まり、

極秘の研究開発が進んでいて、

その打ち合わせです。

  

そんなことで、

生まれて初めて金研に足を踏み入れたわけですが、

いやあ、

すごいです。

さすが、

東北大の金研、

世界の金研ですね。

   

特に吉川彰先生のご研究すごいです。

しかも吉川先生、

大阪大の森勇介先生や、

台湾大のLan先生、

などなど、

私が親しくしていただいてる先生方ともつながりがあり、

これも何かのご縁かと、

研究は人と人と人と人、と思いました。

  

42aae49183af4c9a85c3ada925b5d0f6

   

夜は懇親会で、

仙台の美味しい海鮮和食をいただき、

とても充実した1日でした。

  

明日も仙台です。

  

  

こちらのクリックを忘れずに↓

          
  

2020年1月15日 (水)

  

Img_6921_20200115130901

   

この写真は2018年の12月10日です。

まあ、普通の米沢の冬ですね。

 

で、

これが今年の1月8日

かすかに、雪が降った痕跡があります。

  

Img_7087

  

しかし、

1月11日。

完全に溶けて、

しかも日差しは春。

   

Img_7124

  

で、

1月14日。

昨日ですけど、

平和な朝です。

  

Img_7133_20200115120001

  

で、

これが今朝、1月15日。

天気予報通り、チラホラ降ってます。

 

Img_7144

 

けど、

普通じゃないのは明らかです。

  

で、

これで喜んでるのが一般市民。

雪かきしなくていい、

除雪しなくていい、

と。

 

まあ、

そうですね。

めんどくさいですから。

  

けど、

心配してる人たちも。

  

Img_7151

  

米沢三大祭り(?)の一つ、雪灯籠祭り。

もちろん、雪がなければ雪灯籠は作れません。

雪が降らないと、風情がありません。

雪灯籠にろうそくの灯りがともり、雪がチラホラ舞う夜って、

きれいです。

  

だから、

イベント関係者は雪を望んでいます。

一般市民も、この時には雪を望んでいます。

   

もちろん、

米沢市内のスキー場にも雪がありません。

スキー場関係者、スキー好き、困っています。

   

  

何を隠そう、

先日の若人とのパネルディスカッション。

ファシリテーターながら、ペラペラ喋りまくったこの私。

特に、米沢の魅力についてこう言いました。

   

米沢の最大の魅力は雪です。

山があって、川があって、美味しいものがある地方は日本にはたくさんあります。

けど、それらにプラスして、雪がこれだけ降る地域はあまりありません。

私は東大阪で育ちました。

小学生の時、社会の教科書で秋田のカマクラを見て、憧れました。

カマクラ作ってみたい、と。

今では、台湾から冬にお客さんがこられた時に、雪を見てどれだけ喜ばれるか。

雪はここ米沢の魅力の一つなんです。

米沢市民の皆さんは冬が近ずくと雪の多さを心配します。

暗くなる人も多いです。

けど、

考えて見てください。

いくら降っても春になると雪は溶けます。

氷河時代に突入するわけじゃないんです。

特に、雪解けの頃の雪の残った山並みのどれだけ美しいことか。

春の日差しが雪に反射して、

どれだけ心がきらめくか。

  

こんな米沢の春の香りが大好きです。

だから、娘が生まれた時、

人々の心をときめかせる女性になるようにと、

春香と名付けました。

  

 

それと、

夏。

 

米沢の人たちは、

米沢の夏はとても暑いと言います。

過ごしにくいと言います。

だから、

米沢は冬は雪が多くて、

夏はクソ暑い、

とても住みにくい所のように人に言います。

 

でも、それは大間違いです。

  

だいたい、

大阪の夏はマニラより暑いです。

京都の夏は大阪よりさらに暑いです。

それに比べて、

米沢では夜は涼しくて、エアコン入れて寝る夜は一週間もないでしょう。

   

だから、

米沢の人たちに言いたいのは、

もっと雪を楽しむ心、

ポジティブな前向きな心を持てば、

米沢って、素晴らしく住みやすいところなんですよ、って。

  

とかなんとか、

偉そうなことを言いながら、

やっぱり、

雪がないと楽だなあ、

と思う今日この頃なのでした。

    

   

こちらのクリックを忘れずに↓

          
  

2020年1月14日 (火)

すみや

  

Img_7133

 

今日も春のような1日でした。

   

朝起きると、まず外を見るのが日課で、

昨夜少し降ったのか、ほんのうっすらと雪化粧でした。

この時期にしては春のような、

全く米沢らしくない天気が続いています。

  

きょうは出張もなく、

一日中、オフィスにいたわけですけど、

こんな日でも、企業との共同研究打ち合わせや、

来客、

そして国プロジェクトの打ち合わせと、

ぼーっとしてる暇はありません。 

  

で、

来客ですけど、

卒業生の訪問です。

 

最近の傾向として、

人事の経験者が説明会にくるのではなく、

卒業したての研修終わったばっかりというような、

新人が来ます。

  

なぜなら、

後輩たちと親しいからでしょうね。

後輩たちも先輩に誘われると、

その会社に親しみを感じで、

ついついその気になってしまうんでしょう。

 

で、  

ちょうどお昼なんで、

米沢で何が食べたい?

と聞くと、

  

貴伝のラーメン、と言いました。

 

ここ米沢はラーメン屋さんが多いんですけど、

この店は比較的新しくて、

昔ながらの典型的な米沢ラーメンじゃないんですけど、

大人気店です。

  

ところが、

行って見ると今日は定休日。

  

そこで、

これも比較的新しい風心へ。

   

Img_7134

  

若い頃は天下一品のようなドロドロ系、そして豚骨、最近は塩ラーメンと好みが淡白になって来て、

ここでも塩ラーメン、

梅干しトッピングという、

さっぱりした食べ方でいただきました。

  

卒業生の彼は、

角屋(すみや)のシュークリームも大好物だということで、

食後にすみやへ。

  

Img_7121_20200114172601

 

ところが、

行って見ると今日は定休日。

  

とことん、ついてない彼です。

  

写真は先週の研究室新年会でのものですが、

うちの研究室ではイベントのシメはここのシュークリームです。

ですから、卒業生たちは、シュークリームといえば角屋、と洗脳されています。

  

実際に、

シューがパリッ、サクッ
としていて、クリームがいっぱいに詰まったここのシュークリームは美味しいです。

卒業生曰く、世界一です、と。

 

まあね、

彼が世界中のシュークリームを食べたとは考えられないんですけど、

私の中でも、少なくとも日本一だと思います。

  

みんさんも是非お試しください。

  

 

こちらのクリックを忘れずに↓

          
 

 

2020年1月13日 (月)

祝オープン

    

Img_7116

 

ということで、

カフェコリンズ

1月10日に再オープンしました。

    

Img_7112 

 

当日は常連やら、

再開を待ってた人たちで、

いっぱいでしたね。

 

Img_7109

  

久しぶりに、

特注の目玉焼き付きのカレーをいただいたりと、

なんだか嬉しくて、

これからも末長く、

お店を続けて欲しいと心から思いました。

   

20200113-174417

  

山形新聞でも報道されたりして、

オーナーの細川さんの顔の広さがわかります。

 

いやあ、

よかったよかった。

 

  

こちらのクリックを忘れずに↓

          
 

2020年1月12日 (日)

羽田空港

    

Img_7066

  

羽田空港のフリーペーパー「BIG BIRD press」

この12月号に、

  

Img_7068

  

実は、

米沢品質アワードの広告が出てました。

   

Img_7070

  

文部科学省COIプロジェクトから生まれた

鷹山秘伝豆のジェラート。

  

山大ジェラートとも呼ばれ、

近い将来には、

近大マグロより有名になります。

  

お買い求めは、

ネットショップから。

     ↓

アンデザートのサイト

  

大切な人に贈りましょうね。

  

  

こちらのクリックを忘れずに↓

          
 
  

2020年1月11日 (土)

いまどきの若者たち

 

Img_7121

  

昨夜は何を隠そう、

研究室の新年会だったんですけど、

急遽、一日ずらしたもんだから、

参加できない学生多数で、

主に3年生たちと話をしてました。

 

まあ、

まだ配属されて3ヶ月なんで、

名前と顔が一致しないんですけど、

みんな元気な連中です。

 

いい機会なので、

将来どうするのかと聞いたら、

みんな、先輩たちのように卒業したら会社勤めかな、

というので、

 

夢はないんか?

 

なんて話になって、

広瀬すずと結婚したいとか、

何かないんか、

若かったら妄想でもいいから、

夢でもいいから、

大志を抱けよ、と言いました。

 

夢を持つと、

目標を掲げると、

人は努力します。

 

だから、

妄想でも、夢でも、人生のゴールでも、

なんでもいいんです。

 

少年よ、少女よ、

大志を抱け。

 

 

で、

一夜明けてのきょう、

高校生たちとのパネルディスカッション。

    

Img_7126

   

ファシリテーターを務めさせていただき、

置賜地方の高校生たちと、

人口減少の今、何をすべきか、

について話し合いました。

  

Img_7127

  

生徒さんたち、

きっと初めてなんでしょうね、

大きな会場でパネルディスカションなんて、

緊張されてるのが手に取るようにわかりました。  

  

そのあと、

置賜地方の高校の探求型研究の発表。

 

みんな一生懸命です。

練習も随分してきたんでしょうね。

よかったです。

  

中でも感心したのが、

米沢工業高校と置賜農業高校の2件の発表です。

なんというか、

その研究内容と成果のレベルの高さ、

そしてプレゼンテーションのうまさ。

   

もちろん生徒さんたちの努力は大きいと思いますが、

指導された先生方の情熱が伝わる発表でした。

  

そんな二日間で、

いまどきの若者たちも、

なかなかやるんじゃないかと

すこーし明るき気持ちになりました。

  

 

こちらのクリックを忘れずに↓

          

2020年1月10日 (金)

米沢に集まれ!

  

3月6日金曜日に、恒例となりました高分子学会の有機エレクトロニクス研究会の異業種交流会が米沢で開催されます。

有機EL研究会の時から始まって、早15年以上経つのでしょうか、

この交流会に参加しないと、有機ELの分野ではモグリと呼ばれるほどの権威のある(?)交流会です。

パネルメーカー、材料メーカー、装置メーカー、検査装置メーカー、大学教授、学生、興味ある一般の人、みーちゃん、ハーちゃん、いろんな人が集まります。

情報収集、打ち合わせ、名刺交換、なんでもありですので、とにかく参加しないと、何も始まりません。

   

Img_1136

   

結構、年に一回、ここで顔を合わせる人たちも多くて、

   

Img_1132

  

ちょっとした同窓会的な要素もあったりして、

  

Img_1127

  

楽しい、交流会でもあります。

学会オフィシャルの案内文は以下の通りです。 

  

   

 ●●●講座名:第9回有機エレクトロニクス研究会異業種交流会●●●
   日 時:令和2年3月6日(金)  13:00~19:00
   会 場:伝国の杜、上杉城史苑
 
有機エレクトロニクス分野(有機EL、有機太陽電池、有機トランジスタ、蓄電デバイスなど)では、パネルメーカーをはじめ、材料、周辺材料、製造装置、検査装置メーカーなど、多くの業種の企業が関わっておられます。これまでなかなか一堂に会する機会がなく、異業種企業間での情報交換の場がありませんでした。
すでに、有機エレクトロニクス研究会では企業間の交流を深めるため、異業種交流会を過去開催し、関連企業約30社に5分程度のショートプレゼンテーションを、その後、約30社にパネル展示していただき、その場で名刺交換会を兼ねた交流会を行ってきました。懇親会では毎年200名近い参加があり、好評を博しております。
 本年も有機エレクトロニクス(有機EL、有機太陽電池、有機トランジスタ、蓄電デバイスなど)に分野を広げ、第9回異業種交流会を開催します。
 自社製品をアピールしたい方、他社動向を調査したい方、商売相手を探しておられる方等、多くの方々の参加をお待ちしております。


*ショートプレゼンテーション、パネル展示希望の方は、参加申し込みの際にご選択ください。(申込締切は12月26日(木)でしたがまだ枠はあります!)。
ショートプレゼンテーションは参加者の前で企業紹介(5分/1社)を、パネル展示は当方準備のブース(パネルと机を組み合わせたもの)の範囲内を自由に使っていただき、企業紹介をしていただきます。
詳細は事務局までお問合せください。
なお、ショートプレゼンテーション、パネル展示企業は、運営委員会で調整させていただきます。

ホームページ
https://member.spsj.or.jp/event/index.php?id=173

 

 

クリックしていただいたら嬉しいです↓

              
 

2020年1月 9日 (木)

バリアフリーの温泉旅館

   

米沢品質アワード受賞者、最後の紹介です。

   

Img_6916

  

山形といえば温泉、

米沢の温泉といえば米沢八湯、

八つも温泉があって、よりどりみどりです。

   

しかし、

バリアフリーといえばここだけです。

小野川温泉の登府屋旅館(とうふやりょかん)。

   

アワード受賞、おめでとうございます。

   

Img_6919

 

まず、

アイデアマンの若旦那です。

 

Img_6921

 

アマチュア落語家でもあり、

イベントも企画されてます。 

  

Img_6924

  

と言うことで、

受賞ポイントは

・高齢化の流れにあっている

・個性の広がりに可能性を感じる

  

とのことです。

   

Img_6928

  

まあ、

アメリカと比べると車椅子で外出する人が少ない日本。

それは、外出しても不便だからしないのか、

車椅子で外出する人が少ないから整備されないのか。

 

いずれにしても、世界標準から遅れてることには間違いない。

   

Img_6931

  

ということで、

今後、もっと車椅子でも気軽に外出できて、レストランで美味しいものを食べたり、温泉に泊まったり、

それが普通にできるような社会になればいいと思います。

   

Img_6933

   

その先駆けが、

登府屋旅館と言うことで、今回の受賞なんでしょうね。

   

Img_6939

   

もちろん、車椅子で不自由なく過ごせる施設であることは間違いありません。 

    

Img_6943

   

温泉にも入れます。

  

Img_6949

       

こうするには、施設の改修にお金がかかります。

客商売としては、その資金を回収できるかどうかが問題です。

お客さんが増えるなら、他の温泉旅館もやるんでしょうけど、

その辺どうなんでしょうか。

興味があるところです。

        

Img_6953

    

落語会はいいですねえ。

私も機会があれば、ぜひ聴きに行きたいです。

   

Img_6957

 

若旦那曰く、

通常のブランド戦略ではない。

 

Img_6958

 

取り組む姿勢が評価される、

と。

  

そうですね。

特に第一回目ですから、今後の取り組みも注目されます。

   

   

私個人として期待するのは、

バリアフリー化を小野川温泉全体に広げ、

小野川温泉自体がバリアフリー温泉として有名になることです。

    

それから、

一般客にとってはバリアフリーは関係ないので、

もっと食事、温泉施設を充実して、 

山形だと小野川温泉と言われるくらい、小野川温泉を有名にして欲しいと思います。

    

そのためには、

温泉全体の取り組みとして、

佐藤畜産の米沢牛や

地元佐藤豆腐屋のおいしい豆腐、

鷹山秘伝豆のジェラートを夕食で提供し、

雪割納豆を朝食で提供したり、

 

とにかく、

食事は美味しくて、米沢らしい特徴のあるものにしないとリピーターは生まれませんし、

口コミで評判も広がらないと思います。

   

それに、小規模な旅館では人と人とのつながりでしょうね。

ペンションなどでは、オーナーさんとの語らいが楽しみであったりしますから。

そんな人としての暖かさ、おもてなしが感じられる温泉旅館が生き残れるでしょう。   

    

温泉旅館は、どこも客が減って大変ですが、

基本は原点に立ち返ること。

   

自分だったらどんな温泉に泊まりたいか、

大切なひとをどんな温泉にお連れしたいか、

それをじっくり考えればいいことです。

  

首都圏からのお客さんは、何を期待するでしょうか?

ゆったりと温泉につかることと、美味しいその土地の食材を使ったおいしい食事です。

山の中の温泉にマグロの刺身は期待していません。

     

そんなことで、

登府屋旅館もバリヤフリーやイベントだけじゃなく、

本来の温泉と食事と人の温かみで有名になるよう、

これからも頑張っていただきたいと思います。

    

   

こちらのクリックを忘れずに↓

          

  

2020年1月 8日 (水)

米沢牛

 

アワードの紹介まだまだ続きます。

 

Img_6813

 

米沢ですから、

米沢牛。

  

Img_6815

 

ちょっと安易な発想か。

 

Img_6818

 

と、思いきや、

 

Img_6822

 

実は、1250頭と米沢でもっとも頭数の多い牧場です。

 

Img_6825

 

で、

評価ポイントが

「様々な取り組みを行っている」

とのことでした。

  

Img_6829

 

たとえば、

肉質の向上。

  

Img_6832

  

通常より、

長く飼います。

 

Img_6836

 

もちろん、餌代、人件費、

かかります。

 

Img_6843

 

そして、

加工センターが認証を得ています。

 

Img_6845

 

米沢牛だから売れる、

に甘んじない精神。 

  

Img_6847

 

そんなところが、

評価されたわけですね。

 

Img_6847

 

確かに、

佐藤畜産のお肉は、

比較的安くて、

おいしいです。

  

Img_6850

 

結構、

お肉は佐藤畜産で買う、

地元民は多いです。

 

何を隠そう、

城戸家御用達です。

  

Img_6856

 

実は、

地元民はあまり食べられない米沢牛、

高いからね。

  

だから、

ときどき佐藤畜産にお世話になってる家庭は多いです。

   

Img_6858

  

しかも、 

JGAPの認証をとれば、世界的にも認められて、

オリンピックでも提供できます。

そんな取り組みをしている牧場は少ないと思います。

   

Img_6864

  

プレゼンの中で、肥育する数を今の1000から3000に増やすのが目標だとおっしゃってて、

それはそれで、ある意味、挑戦だなあと思いました。

  

ただし、

単に頭数を増やすだけでは工夫がないかなと思います。

   

米沢牛好きとしてアドバイスさせていただきますと、

牛肉の種類にバリエーションを持たせることが重要かと思います。

  

餌を変える、

肥育日数を変える、

などなど。

   

たとえば、

3000頭肥育するとすると、

300頭は血統のいい牛で、最高の餌をやり、チャンピオン牛を狙えるような最高級A5ランク米沢牛、

1500頭は現在のレベルの米沢牛、

1200頭は肥育日数が若干短くてもうちょっと安い米沢牛、

みたいな。

  

そうすれば、

価値のある牛は首都圏でもっと高く売れますし、

地元でもよりリーズナブルに米沢牛を普段から口にできますしね。

  

それから、

希望としては、

米沢でうまいすき焼き屋を開いていただきたいです。

関西風のザラメと醤油でジュジュっと焼く、本物の正統派のすき焼き屋です。

仲居さんもいて、本格的なすき焼き屋です。

日本全国から、このすき焼きを食べに来るような超一流のお店です。

実は仲居さんを雇っても低コスト化にアイデアがあります。

コンサル料無料でお教えします。

   

それと、

すいません、希望が多くて、

米沢牛の駅弁です。

何を隠そう、とんでもなくうまいレシピ案があって、

これを出せば日本一間違いなしっていうやつです。

あの「牛肉どまん中」にも勝てますね。 

レシピ料無料でお教えします。 

 

アワード受賞者として、

単に頭数を増やすだけでなく、

日本一の肉質、

日本一のすき焼き、

日本一の牛肉弁当、

をぜひ目指して欲しいと思います。

 

結果的にそれが米沢の活性化につながりますから、

最高ですよね。

    

目標に向かって頑張ってください。

     

アワード受賞、おめでとうございます!

    

   

こちらのクリックを忘れずに↓

          

  

«夢窓