2017年2月19日 (日)

親バカ

 
 
 
きょうはランチにコリンズに行って、
鉄板ナポリタンを食べた。
 
帰るときに、
こないだノリコさんと家の前の雪かきの話をしたのを思い出して、
お家に雪の状況を見に行ったら、これがまたたまたまご本人が雪かきをされてて、
どうぞどうぞとお招きいただいたので、
遠慮なく、おいしいコーヒーをいただいた。
 
 
で、
うちの娘の話になって、
ノリコさんが、
女優さんでとっても似てる人がいたの、
 
ということで、
教えてもらったのが、
この人。
 
 
 

 
 
 
中国の女優さんで、
タン ウェイさん。
 
 
ほほう、
確かに、
 
 
 
似てる。
 
 
 
ということで、
父親としても、
似てるかも知れないと思って、
JKタクシーの中で、   
本人に見せると、
娘が一言、
 
 
 
似てる。
 
 
 
本人も認めた。
 
 
 
曰く、
化粧したら、こんなに綺麗になるのかなあ。
 
 
父親(私ですけど)  が答えて、 
 
 
 
そおや、お前は
 
 
 
美人や。
 
 
 
嗚呼、
 
親バカでごめんなさい。
 
 
 
 
 

親バカ万歳!

ご支援のクリックを↓

              

 

 


熱中小学校

    
 
 
 
 
熱中小学校とは、
熱中症がよくでるブラック小学校のことではありません。
米沢の隣町、高畠町が行ってる大人向けの学校のことです。
 
ふつうの小学校は卒業まで6年かかりますが、
ここは3年です。
詳しいことはWebのサイトで見てください。
 
 
で、
この熱中小学校、
先生がとてもユニークというか、有名人というか、すごくて、
おもしろい人たちです。
 
 
そういうわけで、
とても人気で、
分校が日本各地に出来始め、
確か、
 
 
東京にもできました。
 
 
そんな知る人ぞ知る熱中小学校ですが、
とうとう私も講師に引き込まれました。
 
 
 
 
光栄なことです。
 
それで、
第一回目の授業が、
 
 
7月22日(土)
 
 
に決まりました。
 
何を話してもらってもいいですよ、
ということですので、
 
 
 
創造する方法
 
 
 
と題して、
 
 
 
発明する方法、
創造の仕方、
 
 
などなど、
一般的なお話しをしようと思います。
 
研究者、ビジネスパーソン、農業従事者、
 
何か、新しいことを始めたいなと思っておられる方へ、
ブレークスルーを生みだしたいと思っておられる若い研究者の方へ、
ヒントになるような授業にしたいと思っています。
 
 
ぜひ、
登録して、ご参加ください。
 
 
お待ちしております。
 
 
 
 
 
 

高畠からこの国を元気にしましょう。

ご支援のクリックを↓

             

 

 


2017年2月18日 (土)

関西セミナー

 
 
 
今朝は早起きして品川発7:07発の新幹線で大阪へ行きました。
途中、富士山がしっかり見えて、しかも雪をたくさんかぶっていて、ちょっと嬉しかったです。
欲を言えば、もうちょっと霞がとれててクリアで、空が青くてコントラストがあったら最高なんですけどね。     
 
 
 
 
 
 
大阪駅近くの講演会場へは駅の裏側を歩きました。 
しばらく来てなかったんですが、なんだか小綺麗になって、
大阪じゃないみたいで、
嬉し恥ずかしだけど、
 
 
 
便利です。
 
 
 
 
 
 
以前は歩道橋を上がったり下がったり、
駅裏、
って感じでしたけど、
大阪も変わってます。
 
 
 
 
 
 
まあ、
全部が変わったわけじゃなく、
会場の新阪急ホテルは、
 
 
昔のまま、
 
 
 
でした。
そろそろ建て替え時期でしょうか。
 
 
 
 
 
 
で、
開演の5分前に着いて、
事務の人たちに挨拶し終わったら、
 
最初に、理事の大場先生が挨拶され、
引き続き、
学長の小山先生がご自身の過去をバラしながら、おもしろおかしい挨拶をされました。
 
 
 
 
 
 
今回のイベントは、山形大学校友会の10周年記念のイベントで、いつもは東京で開催されてるとのことですが、10周年ということで、大阪でもという話になったらしいです。
 
小山学長が和歌山出身だし、
私も東大阪出身なので、
ちょうどいいということで、演者に選ばれました。
 
 
 
現役学生からの報告ということで、
勉学以外に目標を持って頑張ってる学生さんたちが紹介され、
それぞれが地域のために行ってることを元気に発表されました。
 
聞いてて感心するくらいみんな発表が上手だし、
そのモチベーションの高さにうれしくなりました。
山形大の学生さんたち、 
なかなかやりますよね。
 
 
 
みなさん熱弁を振るうものだから、少々時間が押してたんだけども、その後が懇親会なので、自分の講演は好きなだけしゃべらせていただいきました。
 
 
 
いやあ、満足満足。
みたいな感じでしょうか。
 
 
 
 
 
 
参加者の中には城戸・夫・笹部研当時の卒業生も来てくれていて、みんな関西で頑張ってるようで、元気そうな顔を見れてよかったと思います。
こういうOB会に参加してよかったと思うのは、昔話を聞けることと、弟子たちと再会できることですね。
 
山形大卒業を誇りに、頑張って欲しいと思います。  
 
 
 
 
 
 
帰りは、
新大阪駅で大好きな551蓬莱の豚まんと焼売を買ってのぞみに飛び乗りました。
実は、ここの豚まんと焼売は世界一美味しいんです。
しかも大阪しか売ってませんし。
(京都駅でも売ってますが...)
 
 
 
 
 
 
ということで、
実はこのために大阪まで来たのでした。
 
 
ただいま、帰りのつばさの中です。
 
 
 

 

山形大学からこの国を元気にしましょう。

ご支援のクリックを↓

             

 

 


2017年2月17日 (金)

謝恩会

 
 
 
 
 
 
きょうは修士論文発表会の二日目でした。
大学院有機デバイス専攻があるくらいで、有機ELや有機半導体関連の発表が多くて、特に主査、副査含めて10件以上ありました。
 
毎回感じることですが、
発表のレベルが非常に高いです。
その内容、発表態度、などなど。
 
正直言って、応用物理学会より、
 
 
 
レベルが高い。
 
 
 
じっくりディスカッションもできるし、
応物には行かなくてもいいくらい。
 
 
 
で、
 
夜は恒例の謝恩会。
長年指導してきた学生たちとこれでお別れかと思うと、
やっぱり寂しい。
 
 
 

 

 

他の研究室の学生さんとも、 最後の懇談。

特に会いたかったのが、西岡研究室で修士を卒業される高木さん。

 

 

 

この女子学生さん。

かわいらしいだけじゃなくて、

なんと、

これまで賞を6つ受賞されてます。

 

きっと、参加した学会、研究会で賞という賞を総なめにしたに違いありません。

 

聞くと、

これがなんと、米沢市出身で、

第五中学、

米沢興譲館高校卒業。

 

いやあ、

立派立派、米沢の誇り。

 

礼儀も正しいし、

きっとお父さんのしつけ、教育が良かったんなだなあと、感心した。

子は親を映す鏡ですね。

 

 

みんな〜、がんばれよ〜!

 

 

 

山形大学からこの国を元気にしましょう。

ご支援のクリックを↓

             

 

 

 

 


大阪での講演

 
 
 

 

 

 

きょうは謝恩会の後、東京へ、
一泊。
 
そして、明後日、早朝移動して大阪へ。
 
講演後、
米沢まで戻ります。 
 
なんてせわしい出張。
 
 
 
 
 
 

地方からこの国を元気にしましょう。

ご支援のクリックを↓

             

 

 


2017年2月16日 (木)

快晴

 
 
 

  
 
 
きょうは修論発表会です。
うちの研究室からは3名の発表がありました。
 
 
まあ、
練習もしましたし、
準備は十分で、
なかなかの出来でした。
 
    
   
 
 
 
他にも、副査を務める他研究室の学生の発表も数件聞かせてもらい、
質問もさせていただきました。
   
  
 
きっと、
私からの質問は、
予想していたものの、
 
隙間をついてくるので、
焦ったと思う。
 
 
けど、
こういう経験が将来のためになるんですよね。
  
  
  
 
 
 
天気も快晴、
すっきりした発表会でした。
 
 
 
 
 
 

米沢からこの国を元気にしましょう。

ご支援のクリックを↓

             

 

 


2017年2月15日 (水)

JKタクシー

 
 
 

 
 
 
今朝もJKタクシーは米沢駅へ走りました。
 
そうです、
娘の今期二回目の東京遠征です。
 
きょうは、下見で、
明日が本番。
 
父親としては駅に送ることと、
 
 
がんばれ〜!
 
 
って、
心の中で応援することしかできません。
 
 
 
で、
今週は大学にも頑張ってる人たちがいます。
卒論と修論発表です。
 
学生さんたち、この時ばかりは真剣です。
 
月、火と卒論で、
木、金と修論。
 
 
ということで、きょうは合間の何もない日。
 
 
 
来客の予定も入れてないので、
久しぶりにオフィスでいろいろと仕事をしました。
 
研究スタッフと4月以降のテーマの打ち合わせをしたり、
ある委員会のための大量の申請書に目をとおしたり、
ほんとは、こういう日は週に1日は欲しいですね。   
 
 
 
夜は夫婦水入らずで、
近所のタイ料理屋さんへ。
 
実は、
娘はタイ料理が好きじゃないので、
なかなか家族では来れません。  
 
 
 
まあ、
娘が4月から家を離れれば、
タイ料理でも、
エビフライでも、
 
なんでも食べに行けますが、
 
それって、嬉しいというより、
 
 
 
さびしいかも。
 
 
 
JKタクシーの出動も、あと数回となりました。
 
 
 
 
 

米沢からこの国を元気にしましょう。

ご支援のクリックを↓

             

 

 
 


2017年2月14日 (火)

卒論

 
  
 
 
 
 
きょうは朝から卒論発表会
うちの精鋭達もよくがんばりました。
 
 
自分が学部生の時の発表を考えると、
いやあ、すごいすごい。
 
 
 
 
 
 
で、
きょうはバレンタインズデイでもあります。
 
 
 
朝から、
随分といただきました。
 
 
 
ランさん  

    
 
 
カヨさん、イズミさん、ミユキさん

   
 
 
ミナキさん....手作りです!

    
 
 
ヨシノさん

   
 
 
ノリコさんとキョウコさん

  
 
 
アキさん 
 
 
 
 
いやあ、
ガールフレンドが多いって、
 
 
 
太るなあ。
 
 
 
 
 
 

この国をデザートで活性化しますから。

ご支援のクリックを↓

            

 

 

 


2017年2月13日 (月)

ヒロシさんからの手紙

 
 
 
2月11日は私の58回目の誕生日でした。
 
フェイスブックでもずいぶん多くの友達からお祝いのメッセージをいただきました。
御礼申し上げます。
有難うございます。
個別に返事を差し上げなくて申し訳ありません。
 
 
と、思っていると、
今日になってヒロシさんから長文のお祝いメッセージをいただきました。
 
最初見たとき、あまりにも長いので読む気が失せました。
途中、やめようかと思いました。
けど、最後まで拝読致しました。
 
ヒロシさん、
暖かいメッセージを有難うございます。
 
有難いのですが、ところどころ、間ちがい、感違いが見受けられましたので、FBFの皆様が誤解されぬよう、ここに訂正させていただきます。
 
 
 
まず、
ヒロシさんのメッセージから:
 
 
 

冠省 城戸淳二様

  
大変遅れて申し訳ございません。
土曜日の日付と同時にお誕生日お祝いメッセージを送る予定で、金曜日は早めに就寝したのですが、目が覚めたら、なんと月曜日の今朝になっておりました。
ネズミが人間を楽しませる、もてなしてくれるという、あり得ない世界の夢をずーっと見てました。

 

改めてお誕生日おめでとうございます。
トーマス・エジソンの誕生日ということで知られた日ですが、数年後には2月11日は城戸淳二の誕生日がWikipediaで一番最初に説明されることになると確信しております。

 

さて、トーマス・エジソンは新聞の販売員としてコツコツとお金を貯めて実験室を作ったと言われてますが、先生も新聞配達をして、コツコツと遊ぶお金を貯めたということ。

似てますね。

 

そして、先生はエジソンと同様にたくさんの発明をしましたが、ゼネラル・エレクトリックを設立したように、たくさんのベンチャーも設立しております。

 

そしてそして。

エジソンは、超自然的、オカルト的なものにも魅了されて研究をされていたということ。

 
先生も常にそーいった世界とは常に交信されていて、雪女とは吹雪の栗子トンネルで「おいでおいで」されて実際にお会いしているし、我が家でもめったに姿を表さない座敷童と遊ばれたりと、科学的、合理的な思考でありながら、フツーの大学教授は非科学的と排除する、あっちの世界にも行き来する、世界をまたにかける、グローバルという枠からも外れて生きていらっしゃる、ドラえもんのようのな方なんだなぁと、改めて認識したところです。

 

そー思うと今まで福山雅治と似ていると思っていたのですが、気のせいか、体型もドラえもんに似てるような気がしてきました。

まさしく先生は、現代に蘇ったエジソンであり、ドラえもんそのものです。

近いうちに(春香ちゃんの受験が終わったら)、「ちょっと遅れたけどごめんねー!お祝い会」を盛大に段取りたいと思いますので、よろしくです。

             早々 あなたのひろしより

 

 

 

まず、最初に、

最後に「あなたのひろしより」とありますが、あなたは「私のひろし」ではありません。

気持ち悪いことを言わないでくださいね。

 

トーマス・エジソンのことよくご存知のようですが、私は幼少の頃、エジソンのことは知りませんでした。  

祖父が2月11日を「紀元節」と呼んでいたのを覚えています。

日本書紀が伝えるところの神武天皇の即位日ですね。のちに、建国記念日となりました。

 

日の丸が掲げられ、私の誕生日を国民の皆さんが祝ってくださっているようで、とても誇らしかったです。

いまでも、「みんな、祝ってくれて、ありがとう」と国民に声をかけたくなります。

 

 

 

実は、

この誕生日のせいで、私はこの国のために何かをなすべきであると使命感のようなものを持っています。

 

しかし、

しがない地方大学の教授で、いったいぜんたい何ができるのか、いまだに模索しております。

ヒロシさん、せめて米沢市のために何ができるか、アドバイスをいただけませんでしょうか。

やっぱり、将来、市長になるであろうあなた様を陰でサポートさせていただくことでしょうか。

 

 

ところで、

エジソンが新聞売りをしていたこと、よくご存知ですね。

そして、私が中学校のときに新聞配達をしていたことも。

個人情報がいつの間にか流出しているようです。

 

実は、

中学1年か2年の時、友達のカワハラくんが新聞配達をやっていると聞いて、なんだか面白そうで、親に許しをもらって始めました。 

 

当時、朝刊だけで月に9000円ほどもらっていたのを覚えています。

「旬菜」のかわいいバイトのマサコちゃんが、たった半日で2万円もらっているのを考えると、ずいぶんブラックなバイトかと思われますが、今から40年以上前のことですからね。

中学生にとってはウハウハでした。

 

その9000円を私は釣竿を買ったり、釣りに行ったりしてまったく貯金などしませんでした。 

おかげさまで釣竿はどんどん増えていきました。

当時、ムライくんに誘われて、川や海に毎週出かけて行ったので、9000円は湯水にように消えて行きました。

 

新聞配達で辛かったのは、もちろん朝5時に起きることですが、それよりもお通夜の家があると、オシッコをちびるくらい怖かったのを覚えています。

あのころから、あっち系には敏感だったのでしょうか。それとも、単なるビビリだったのでしょうか。 

その辺のところはよくわかりません。

 

バイトを始めて半年くらい経つと、今度はニシカワくんが牛乳配達の方がバイト代がいいよというので、半年くらいで新聞配達から牛乳配達に転職しました。

 

牛乳はとっても重くて配達が大変な分、月に1万5000円ほどもらってたのを覚えています。 

しかも、牛乳屋のおっさんが、これまた大の釣り好きで、ヘラブナ釣りを教えてくれたり、海釣りに連れて行ってくれました。

とても楽しい時を過ごしていたのを覚えています。

 

ただ、

残念なことに、そんなバラ色の青春時代は長く続きませんでした。

なぜなら、牛乳配達に転向する時に、父から言われました。

 

お前は牛乳屋になるのか、と。

 

そんなことはありません、ちゃんと高校へ、大学へ行きたいです。

と言うと、

 

じゃあ、

成績が下がったらやめる、

と約束させられました。

 

牛乳配達も朝5時起きですから、夜も9時を過ぎると眠たくなりました。

だから、

勉強しませんでした。 

もともと嫌いでしたから、よる12時まで起きていても勉強はしなかったと思います。

 

だから、成績は父親の予想通りに下がり、

牛乳配達も半年で辞めることになりました。

 

楽しかったなあ、牛乳配達のバイト。

 

そんな訳で、私はエジソンとは違い、稼いだお金をすべて自分の遊興費にあてていました。

少しばかりが違うようです。

 

 

 

超自然的なものに対する興味ですが、

エジソンだけではなく、ノーベル賞受賞者の多くは、晩年、精神世界のことに興味を持ち、まじめに研究します。

なぜなら、この世には、というかあの世には、理解できないことがたくさんあるからです。

 

中学のころ、新聞配達でまだ夜が開けない薄暗い時に、神社の横を通る時とか、お通夜のお家の前を通る時に、いつもオシッコをちびりそうになっていたことを先ほど申し上げましたが、きっと私の肩にオバケのQ太郎が乗っかっていたのを感じ取っていたのかもしれません。

 

ヒロシさんも気をつけてくださいね。

実は、「旬菜」のカウンターであなたを見かける時、気がついてないかもしれませんが、ときどき色白の美人が隣に腰掛けてるのが見えます。

チラチラとあなたの方を恨めしそうに見ています。

 

たぶん、私と宮司のヤスシさんにだけに見えてると思いますね。

 

 

それと、ドラえもんのことですが、

私は本物の人間ドラえもんを知ってます。

あなたもよく行かれる「旬菜◯◯◯◯」のカウンターにちょこんと座ってることがあります。

もちろん、体型はそっくりでぽっちゃりしてます。

手がまん丸でカワユイという人がいます。

しかも、その手で多くの 人を救うそうです。

なんと、ケガ人を癒すそうなんです。

 

「そうです」というのは、私が右腕の上腕骨を骨折した時、

癒すどころか、グリグリと虐められました。

いま問題になってるイジメですね。

 

だから、ヒロシさんも気をつけてください。

もし、人間ドラえもんに嫌われていたら、いざという時に痛い目に遭わされますからね。

 

 

 

最後に、

福山雅治に似ているとのことですが、

何を隠しましょうか、

高校のころは、今でいうジャニーズ系でした。

信じられないかもしれませんが、

長髪で、イケメンというか、かわいい感じで、

イケカワ系ですね。

 

今でいう、櫻井翔というところでしょうか。

 

通学電車の中で、女子高生からずいぶん手紙をもらったものです。

チョコレートのコマーシャルに出てる人みたい。

とも、よく言われました。

 

だから、

もし明治さん、森永さんからコマーシャル出演の話があれば、よろこんで出演させていただきます。

 

当時は、携帯もスマホもなくて、

夜になると、十円玉、百円玉を握りしめて、母親には本屋に行くと言いつつも、

金岡公園の電話ボックスに直行して、お付き合いして頂いてる女性の家に電話したものです。

 

いやあ、

楽しかったなあ、

高校時代。

 

 

そんなわけで、

ろくに勉強をしなかった、中学、高校時代ですから、ろくな大学にも行けず、いまやロクでもない地方大学の教員です。

 

もし、清水富美加さん似のうちの娘が大学に受かったら、父親に似ないでよかったねえと、お祝いの会を開いていただければ幸甚に存じます。

 

それと、これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

 

あなたの櫻井翔より 

 

 

 

 

 

最後まで駄文を読んでいただき有難うございました。

ついでにクリックを↓

            

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ドレスデン

 
 
 

 
 
 
午前中は横浜、
午後は有楽町の東京フォーラム。
      
     
ドイツ、ドレスデンとの交流会。
正式名称は、
 
第5回日・独 ジョイントワークショップ。
 
       
   
 
 
 
ザクセン州ドレスデンの大学、産業界と、山形県米沢市の大学、産業界とが定期的に交流を深めてます。
    
    
今回は、ザクセン州の経済産業大臣も来られました。
 
   
   
 
 
 
日本は初めてということで、京都にも行かれるということで、
ずいぶん楽しみにしておられます。
 
 
まあ、
寒さもドレスデンほどじゃないと思うので、
ゆっくりと美味しいものでも召し上がっていただき、
日本のおもてなしを堪能いただければと思います。
 
 
    
今回はドイツからの参加者が多くて、
日本人よりも多いくらい。
 
   
   

    
 
 
産業界も、ドイツと日本を代表する有機EL照明デザイナーさん達も、
このとおり。
 
    
   

   
 
 
それと、
ヒマそうな、
友蔵じいちゃんも。
 
 
  
 
 
 
しかし、
友蔵さんは、これ以上年とりませんね。
まるで漫画みたい。
 
 
 
さあ、明日は卒論発表です。    
 
 
 
 
 

有機ELでこの国を元気にしましょう。

ご支援のクリックを↓

             
 
 
 


«受験とゴルフ